安全運転と事故防止や煽り運転防止にも効果的なドライブレコーダー略してドラレコ!あなたの車にも付いていますか?こんにちは、テクニカルステージです!

現在も取り付けやお問い合わせの多い商品ですが、品不足もだいぶ落ち着き自分にあったドラレコを選ぶこともできるようになってきました。

ドラレコの機能にもいろいろとあり、画質・カメラサイズ・GセンサーやGPSの有無・駐車時のいたずら録画・車両後方録画などなど迷ってしまうほどの選び方があります。

金額も多機能になればなるほど高額になっていくので、装着理由を明確にすることで最適なドラレコを選ぶことができます。

今回はプリウスにドラレコを取り付けします。車両はこちら

プリウスドラレコ取り付け

前回はアルミホイールの交換をしております。いつもありがとうございます♪

さて今回選んだドラレコですが煽り運転防止のためにも、後方録画機能のついた日本製を選びました。

プリウスドラレコ取り付け

セルスター CSD-790FHGです。少々金額は張りますが多機能・高性能のドライブレコーダーです。

後方録画する場合の方法は3つあり

  1. 専用の後方録画用カメラ付きタイプを装着
  2. 本体前後カメラ付きタイプを装着
  3. ドラレコを前と後ろに装着

となります。

1の専用品は一括で管理できるため操作も簡単で信頼性も高いのですが、上位グレードがほとんどですので高額になり、取付工賃も高めになります。

2の前後カメラ付きタイプは本体に前と後ろのカメラが内蔵されています。取り付けなどは通常と変わらず本体金額もそこまで高額ではないのですが、Fガラスにカメラが装着されているので後方の録画映像が遠くなってしまい確認がしにくく、車内も同時に録画されてしまいます。

3については前後に別のドラレコを取り付ける方法で金額も安く抑えることも可能ですが、後ろ側用に配線の延長加工をする必要性があったり、設定も複雑になり後部カメラのエラーに気づかず録画がされていなかったりする危険性もあります。

一長一短ですがテクステでは万が一のときに確認ができないと意味がないと考えているので、1の専用タイプをおすすめしています。

プリウスドラレコ取り付け

本体はかなりコンパクトに仕上がっています。後ろ側カメラもかなりちいさいですね。

プリウスドラレコ取り付け プリウスドラレコ取り付け プリウスドラレコ取り付け

リアゲートのパネル類を取り外しカメラ取り付けの準備を行います。最近では純正のバックカメラを使用することが多いのでここらへんをバラす機会も少なくなりました。

プリウスドラレコ取り付け プリウスドラレコ取り付け

車内からゲートまで配線を引いていくのですがカメラ接続端子が…

プリウスドラレコ取り付け

3.5ミリのL型ミニピンなので通しにくい(^_^;)ココは改善してほしいですね。

プリウスドラレコ取り付け

カメラ取り付け位置の近くまで配線を通したら次は前です。

プリウスドラレコ取り付け プリウスドラレコ取り付け プリウスドラレコ取り付け

ピラーを外してカメラと電源の配線を行い、カメラ位置を調整したら完了です。

プリウスドラレコ取り付け

前後の映像が同時に表示され、確認や設定も行いやすいカメラです。録画映像もPCなどで確認すれば解像度も高くナンバーも認識しやすい映像でした。

お客様にも確認していただきましたが、性能の高さに満足していただけたようです。ご依頼ありがとうございました!

さて、最近はドライブレコーダーもかなりの装着率になっており、安全に対しての意識が高くなっていることがわかります。

何かが急に変わるカスタムではないですしできればドラレコが必要になる事が無いほうが良いのですが、事故や煽り運転などのトラブルはいつ襲ってくるかわかりません。

万が一のときに自分を守る手助けになるドライブレコーダー、まだ取り付けしていない方は検討してみてはいかがでしょうか?