2年に一度(新車では初回は3年です)の車検。日本では定期的に整備の実施が義務付けられこの制度のおかげで諸外国より車のトラブルが少ない事は広く知られています。こんにちはテクニカルステージです!

車検は金額高い…とほとんどの方は感じていると思いますが、ユーザーの方が支払う車検代の半分近くは税金と自賠責保険料です。

その金額を除き、車検に[合格するだけ]の整備であれば低予算で済ませることが出来ますが、車検制度というのはその後2年間車・バイクを安心して乗れる保証をしてくれるものではありません。

極端な話ですが各検査の基準値を合格すれば、エンジンオイルが入っていなくても・パンクしていても・エアーフィルターが詰まっていても・ブレーキパッドの残量が少なくても車検は通ってしまいます。

最近では45分車検や格安車検などいろいろとあり、すべてのお店ではないと思いますが、車検を通すだけの整備しか行わないお店もあります。

きちんとした整備を行わないと愛車はトラブルを起こし、貴重な時間を消費したり突発的な出費に見舞われることも考えられます。

予算や都合もありますがテクニカルステージでは車検後の2年間をなるべく安心して乗れるような車検整備をおすすめしています。

さて、少し長くなりましたが今回は20系アルファードの車検整備のご依頼です。車両はこちら

アルファード車検

とてもキレイに使用されており、車高調や各電装品パーツもテクステでカスタムして頂いております。

当お客様は特殊大型車を運転する仕事をされているのですが、仕事上突発的な車両トラブルが一番困るとのことで愛車にはトラブルが無いようにメンテナンスに気を使っています。

今回の車検もきっちりと行っていきましょう。

アルファード車検

まずはいつものように下廻りの洗浄からやっていきます。トラブルの早期発見と錆や腐食の防止です。

アルファード車検

高級車や欧州車にはこのように布製の防音パネルがタイヤハウスに使用されている事が多いですが…

アルファード車検

このように汚れをい~っぱい溜め込みます(;´Д`)しっかりと洗い流します。

アルファード車検

エンジンルームもしっかりと洗浄。全部洗ったらあらかたの水気を切りジャッキアップします。

アルファード車検

作業日が2月の極寒の日でしたので北九州でもつららが…

アルファード車検アルファード車検

オイル類は定期的に交換しているため車検時は無交換ですが、そろそろタイヤ・エアーフィルター・バッテリーが交換時期です。今回は車検時に予算を抑えるために次回オイル交換時にすべて交換することになりました。

定期的なメンテナンスを行いスケジュール管理ができていれば、車検時に交換する部品を抑えることができ、出費を分散させることが出来ます。

今回のお客様はオイル交換もきっちりと交換時期を守り、定期的にテクステにお車を持ってきていただけるため部品交換を後回しにできますが、これが2年間ほぼ点検されないユーザーさんであれば予算をどうにかしていただいて各部品は交換していると思います。

日頃から少しだけ愛車に気を使っていれば、もう少し使える場合の部品交換も不必要になります。

アルファード車検

次回交換ですのでバッテリー液の点検を行い充電します。テクステでは長めに車をお預かりする時はバッテリー充電を行っております。

アルファード車検 アルファード車検

パンクしなければほとんど見ない場所ですのでエアー圧調整と清掃。

アルファード車検

ブレーキフルード交換します。ここは2年に一度は交換しましょう。

アルファード車検

ゴムも劣化していたのでこちらは交換。安いので(笑)

すべて点検整備終了し無事車検合格です!

日頃の整備とお客様の車の扱い方で部品の交換を分散させることが出来ました。もしあまり整備されない方のご依頼だったらあと10万円は車検費用上乗せになったかもしれません。今回もご依頼ありがとうございました!