ちゃんとした整備が愛車の寿命を伸ばします。こんにちは、テクニカルステージです!

もう何回もおんなじこと言っているような気がしますが、テクステのお客様はご自分の気に入った愛車を永く、大切にお乗りになっている方が大変多いです。

今回もそんな愛車を大切に乗り続けたいとのご相談があり、車検整備をご依頼いただきました。車両はこちら

ハリアー車検整備

30系のハリアーですね。現行のハリアーも大変人気です。

当車両ですが、走行距離がなんと35万キロを超えている車両です。

今まではディーラーで各種整備を行っていたとのことですが、ここ2~3年はオイル交換等の整備のときにも頻繁に買い替えを進められ、整備の相談も親身になってくれない…と悩んでいたそうです。

お客様は現在のハリアーを大変気に入っており完全に駄目になるまで乗り続けたいとのご希望でしたので、今回の車検で大幅にリフレッシュを行うことになりました。

ハリアー車検整備 ハリアー車検整備

現在タペットカバー周りやタイミングチェーンテンショナー取付部にオイルにじみがあります。

ハリアー車検整備

まずはエンジンルームのオイル汚れや下回りの清掃から。

ハリアー車検整備

タペットカバーの取り外しです。オイル管理のおかげで走行距離を考えるとかなりキレイですね。

ハリアー車検整備

パッキンはカチカチで取り外し時にもボロボロと崩れる状態でした。

ハリアー車検整備

タペットカバーは超音波洗浄機できれいに洗浄して取り付けます。

ハリアー車検整備

チェーンテンショナーは新品交換です。構造上あまり劣化する部品ではありませんが安いので新品交換がおすすめです。

ハリアー車検整備

次にサスペンションの交換です。35万キロ無交換でしたので異音や劣化が発生しています。

ハリアー車検整備

オークションでは走行距離の少ない純正が手頃な価格で入手できるので、積極的に利用すると良いと思います。

こんな機会に社外ショックやダウンサスの交換なんかもありですね。

ハリアー車検整備

油脂類も全交換ですが、今回はATオイルパンを取り外しストレーナーまで交換します。

ディーラーではATF交換は断られていたそうです。確かに過走行車の交換はリスクもありますが無交換のリスクよりも定期的な交換のほうがリスクは圧倒的に低いと感じます。

ハリアー車検整備

いつものように磁石にはびっしりと鉄粉が…かなりの距離を無交換だったようです。

ハリアー車検整備 ハリアー車検整備 ハリアー車検整備

ストレーナーのフィルター部も真っ黒ですね。

ハリアー車検整備

こちらも超音波洗浄機できれいにして取り付けします。

その他に各消耗品の交換もしっかりと行い、無事車検も完了です。

お客様もまだ永く乗れると喜んで頂けたようでした。ご依頼ありがとうございました!

今回の車検ではそこそこの金額がかかりましたが、直近で怪しい箇所はほとんど対応できたので当分の間は気持ちよく走ってくれると思います。

よく車の寿命でご相談されるのですが、一概に何年、何万キロといった基準はありませんが年数、走行距離が増えるとともにトラブル発生率は新車に比べて増えるのは確実です。

そのトラブル発生率を極限まで下げるために日頃のメンテナンスを行うのです。

テクステでも車両の状態や今までのメンテ歴等を考慮して買い替えをおすすめする場合もありますが、大切に整備されている車両は思ったよりも長持ちするものです。

まだまだ走れる車やバイクたちを廃車にする事が多い昨今ですが、しっかりと手入れをして大切に永く使う…それが日本だったんじゃないのかなぁってたまに思います。