こんにちはテクニカルステージです。小さい電球が切れていたりすると大きいディーラーや量販店には修理に持って行きにくいってユーザーさん多いみたいですね。

最近はガソリンスタンドもセルフが多いので小さい作業は断られる場合もあるみたいです。

テクステでは小さい作業も大歓迎ですのでいつでもご相談ください♪

今回はガソリンスタンドでポジションランプの交換を断られたお客様のご依頼です。

ハイゼット電球交換

ダイハツのハイゼット デッキバンです。4人乗ることができ、少しの荷物も汚れを気にしないで運ぶことが出来ます。

仕事で使用している社用車ですね。助手席のポジションランプ(スモールランプや車幅灯とも)が切れています。

交換方法ですが、ほとんどの車両はヘッドライト裏側から交換できるのに対し、当車種はヘッドライトを取り外ししないと交換できません。つまり通常はバンパー脱着が必要です(;´Д`)

そこらへんも断られた原因の一つかもしれませんね。では、はじめていきましょう。

ハイゼット電球交換

まずはライトとバンパーの固定されているネジとピンを取り外します。本来であればバンパーの取り外しが必要なのですが、今回はずらして交換するためバンパーはライト周辺のネジのみでオッケーです。

ハイゼット電球交換

タイヤハウスのネジとピンを取り外せばバンパーをずらすことが出来ます。

ハイゼット電球交換

傷がつかないようにしてヘッドライトを取り外しポジションランプを交換します。

ハイゼット電球交換

点灯確認して逆の手順で取り付けして終了です。

今回のようにバンパーをずらすことにより交換は可能ですが、破損の原因になる可能性もあるため不安な方はバンパーを取り外して交換したほうが良いでしょう。

どうせ外すならヘッドライトのHID化やポジションランプのLEDカスタムも同時に進めれば手間も少なくなりますよ~♪ご依頼ありがとうございました!