こんにちはテクニカルステージです!今回は昨年末にご依頼いただいたスタッドレスの交換の中から2件分をご紹介したいと思います。

早めの準備で~とか言いながら記事にするのが二ヶ月も遅れてますが勘弁していただければ幸いです(^_^;)ではまず1台目はこちらです。

ベンツスタッドレス

メルセデスベンツ VクラスのV220です。ディーゼルエンジン搭載車ですがとても静かで快適な車両です。

サイズも大きいので家族で旅行なんかも最適でしょう。

この車両はタイヤを夏タイヤからスタッドレスに組み替えていきます。

ベンツスタッドレス

まずはタイヤを外していきます。

ベンツスタッドレス

外し終わったらバルブの破損やリムを確認しながら…

ベンツスタッドレス

組み付けていきます。一つ一つが大きいので少し重いです。

ベンツスタッドレス

バランスもきっちりと調整して規定トルクで締め上げます。

ベンツスタッドレス

全て完了です。シーズンごとにきちんと入れ替えを行って、タイヤを適切に保管していればスタッドレスはかなりのシーズンを使用できます。本当はスタッドレス用にアルミホイールを用意すれば組替時の負担も少なくなるので理想です。

テクステでは夏タイヤに社外アルミホイールを使用し、冬タイヤに純正ホイールを使用するようにおすすめをしています。ご依頼ありがとうございました。

さて次はアルミホイールの履き替えで交換を行っている車両です。

オデッセイスタッドレス

前回オイル交換やコーティングで記事になっているオデッセイです。

当車両はよくスキーに行くため組替ではなくホイールの交換で行っております。

オデッセイスタッドレス

FN2シビックタイプRユーロの純正ホイールを流用して夏タイヤ用にしています。

オデッセイスタッドレス

純正ホイールを冬用に。こちらのほうがインチも小さいのでスタッドレスタイヤの金額を抑えることも出来ます。

オデッセイスタッドレス

組替がないのでバランスとエアー調整をして完了。時間も短くて済みますね♪ご依頼ありがとうございました!

急な雪は大変危険です!早めの対策を行いましょう!(だったら早く記事書けよ!って話ですが…)

特に北九州地方はあまり雪が積もらないので、スタッドレスは他の地方が優先されてしまいます。いざほしいときには欠品していることも多々ありますのでご注意ください。

どうしても間に合わない場合は、車に乗らずタクシーなどを利用するのも一つの手です。とにかく事故やトラブルを起こさないことが最優先ですからね!