外車をお乗りのあなた!内装の劣化や剥がれにお悩みではないですか?こんにちはテクニカルステージです~!

もちろん日本車でも内装が剥がれる場合はありますが、一部の外車は日本車に比べて内装が劣化しやすい傾向にあります。

それはなぜか?…実は日本の高温多湿な気候が原因なんです。

各メーカーは母国の気候や道路事情を基本に車を製造しています。例えば日本では日本独自の環境に最適な材料や部品などを使用して完成度を高めています。

現在は各メーカーも輸出先に合わせた部品を使用している事が多いですが、内装パーツの素材や外装の塗装などは共通なことも多く、日本のような気候が厳しい国での使用は比較的早めにダメージが現れてきます。

特に日本で走行している事が多い、ベンツ・BMW・フォルクスワーゲン・ポルシェなどが有名なドイツ車の母国ドイツでは、冬はとても寒いのですが夏は湿度も少なくとても過ごしやすい気候です。

そのような気候ですので多湿を想定して車両が設計されておらず、日本で使用すると内装の剥がれなどが起きるわけです。

さて、このような問題が起きた場合はどのように対応すると良いと思います?

もちろん純正部品交換で修理する方法もありますが、これからも乗り続けるのであれば日本の気候に合わせた修理方法などはいかがでしょうか?

今回はBMWのルーフ張替えをご紹介します。車両はこちら

BMWルーフトリム修理

前回は車検整備をご依頼いただいています。いつもありがとうございます!

前から内装の剥がれには悩まされていたようですが、前回の車検をきっかけに買い換えるより乗り続ける事に変更したため修理を行うことになりました。

現状は…

BMWルーフトリム修理 BMWルーフトリム修理 BMWルーフトリム修理

このようにほぼ生地がベースから剥がれ、窓を開けて走るとバタバタする状況です。

まだ部品がある場合は純正ルーフトリムの交換もありですが、また剥がれる可能性も考えられるので今回は日本の気候に適した生地を貼り付けする修理を行います。

BMWルーフトリム修理 BMWルーフトリム修理 BMWルーフトリム修理

ピラーやルームランプ、各配線を取り外しルーフトリムをはずせる準備を進めて行きます。取り外すときはベースに折り目をつけないように慎重に…

取り外していると内装は更に剥がれ、ボロボロと劣化したスポンジが落ちてきます。

BMWルーフトリム修理

取り外し完了です。軽く引っ張るだけでピリピリと剥がれてきますね。次はスポンジの除去です。

BMWルーフトリム修理

ブラシと掃除機を併用し綺麗にしていきます。ここで手を抜くと仕上がりに差が出る場合が多いです。

ここまで作業を行いいつもお世話になっている業者さんのところに張替えの依頼です。待つこと数日…

BMWルーフトリム修理

純正とも遜色ない綺麗な仕上がりになりました。もちろん難燃性の生地を使用しているので車検も問題ありません。

BMWルーフトリム修理BMWルーフトリム修理

端の方の仕上がりも大変綺麗です。これを傷つけないように注意しつつ取り付けを行います。

BMWルーフトリム修理 BMWルーフトリム修理

すべてもとに戻し完了です。お客様も純正と間違えるほどの仕上がりで、車が新しくなったようだと喜んでいただけました♪ご依頼ありがとうございました!!

永く乗れば乗るほど外車は内装の劣化に悩まされます。ベースまで破損した場合は張替が不可能なことも多いですが、今回のような生地の剥がれであれば修理は可能です。

外車の修理は純正品の交換だけが良い方法ではありません。日本に合った、あなたに合った方法も考えていくと車やバイクはびっくりするほど長持ちしますよ♪