暑い日が更に続いていますね(;´Д`)こんにちはテクニカルステージです!

さてさて、前回から続く夏に多いトラブル紹介第2弾はエアコン修理の事例です。

毎年猛暑日が続く日本ではエアコンが無いと冗談抜きで死んでしまうほど大変で、特に信号待ちなどの停車が多い町中での運転は熱中症の危険が高いです。

まったく冷たい風が出ない場合や、猛暑日になると冷えが悪い場合など様々な症状があり適切な対応が求められます。

今回はサンバーのエアコン修理を行います。車両はこちら

サンバーエアコン修理 サンバーエアコン修理

工務店さんで使用されている車両で、少量のガス漏れが確認されていました。

数年に一度ガスを補充して延命していたのですが、今回はコンプレッサーからガラガラと異音が発生…トータルでの修理となりました。

ガス漏れの確認で目視できるところには以上が見当たらなかったため、エバポレーターからの漏れだろうと予想し、エバポレーター・リキッドタンク・コンプレッサーを交換します。

サンバーエアコン修理 サンバーエアコン修理

サンバーはエアコンコンプレッサーが交換しやすい車種ですね。今回はリビルトコンプレッサーを使用、ちなみに高圧側のホースからのガス漏れもよくある事例です。

サンバーエアコン修理

リキッドタンクは助手席下側のフロアにあるので取り外します。

レシーバータンクとも言いますがこの部品はエアコンシステム内のゴミや水分を除去する役目があり、エアコン修理時には交換をおすすめしています。

エバポレーターとコンデンサーは状況に応じてですが、同時に交換するほうが望ましいでしょう。

エバポレーターは交換が大変な車種が多いですけどね…

サンバーエアコン修理 サンバーエアコン修理

ダクトや配管を外すとエバポレーターが外せるようになります。うん、すごいね、これを通った空気吸ってるんだよね(´・ω・`)エアコンフィルターがついていないとこんなんなってしまいます。

サンバーエアコン修理

エバポレーターのフィンからガス漏れあとも発見、漏れの原因はやはりエバポレーターでした。

新品の部品に交換して元に戻していくのですが、このままではすぐにゴミや汚れがエバポレーターにたまってしまいます。

サンバーエアコン修理 サンバーエアコン修理 サンバーエアコン修理 サンバーエアコン修理

後付エアコンフィルターの設定があったので装着。これで汚れる頻度も劇的に少なくなります。

サンバーエアコン修理

真空引き後漏れの確認とR134aガスを規定量入れ、再度漏れを確認して完了です!

コンプレッサーからの異音もなくなり、臭くない(笑)冷たい風がしっかりと出るようになりました。ご依頼ありがとうございました!

この夏も多く真夏日を記録しており、今回のようなコンプレッサー交換からエアコンガスの補充など大変多くのエアコントラブルが発生しています。

まだ暑い日は続きそうです。異常が少しでもあるのであれば早めの対応が正解です。

涼しくなると忘れてしまう事が大変多いので、来年の熱くなりだした時期に後悔する事になりますよ~。

次回はまた冷却系のお話です。ウォーターポンプを交換します♪