朝夕は一時期に比べるとだいぶ気温も下がり過ごしやすくなってきましたね♪こんにちはテクニカルステージです!

今回がラスト、夏に多いトラブル第3弾をお送りします。内容はウォーターポンプの交換です。

ウォーターポンプとはエンジン冷却水(クーラント)を循環させる部品で、この部品も故障するとクーラント漏れや異音の原因となり、最悪の場合はオーバーヒートを引き起こします。

上記のように走行距離が伸びて来ると不具合が出やすくなってくるのですが、夏の時期は更に負担がかかり破損する場合が多いです。

異音やクーラントの減り具合を気にしていないと異常を見逃してしまうので気をつけましょう。

今回は2車種のウォーターポンプ交換です。まずはこちら

ウォーターポンプ交換

日産モコです。スズキのMRワゴンのOEM車になります。

エンジンルーム内からコロコロと小さい音がするとのことで、試乗してみると注意深く聞いて初めて分かる音でした。毎日乗るオーナーだからこそ気づけたと思います。

ウォーターポンプ交換

点検のためにエンジンルームを確認、ウォーターポンプ部からクーラントの漏れが確認できたため異音はポンプだと断定し交換になりました。

ウォーターポンプ交換ウォーターポンプ交換

交換のためにライトやバンパーを取り外していきます。エアコンのコンプレッサーもずらす必要がありました。

ターボならもっと大変でしょうね~。

ウォーターポンプ交換

取り外してわかる漏れの激しさです…

ウォーターポンプ交換

新品を元通りに組み込みクーラントのエア抜きをして完了です。異音も解消しました!

お次はヴォクシーのポンプ交換です。

ウォーターポンプ交換

今回は異音などは発生しておらず、エンジンオイルの交換でご来店されました。

ボンネットを開けると…

ウォーターポンプ交換 ウォーターポンプ交換

裏側やエンジンルームにクーラントが飛び散り乾いています。リザーブタンクにもクーラントが入っていない状況でした。

お客様にご説明をしてポンプやベルト、サーモスタット等の交換になりました。

ウォーターポンプ交換

下側から確認すると結構な量が漏れています。

まずはプーリーのネジを緩めオートテンショナーをゆっくりと戻しベルトを外します。

オルタネーターを取り外しクランクポジションセンサーも外します。

配管等のネジを外しスペースを作りながら、知恵の輪のようにこねくり回すとやっと外れました。

ウォーターポンプ交換ウォーターポンプ交換

エンジンマウントを外しエンジンを傾ける方法もありですね。

ウォーターポンプ交換 ウォーターポンプ交換

サーモスタットなども交換します。この時に配管内もしっかりと洗浄しておくと、古いクーラントが混ざりにくくなりますね。

ウォーターポンプ交換

ポンプを取り付け逆の手順で組み直しエア抜きして完了です。完全に故障する前に気づけてよかったです。

どちらのお客様もご依頼ありがとうございました!

3回続けてお送りした夏に多いトラブルでしたがいかがでしたか?

もちろんこれ以外にもタイヤのバーストやバッテリー・オルタネーターのパンク、各種オイルの急激な劣化なども夏は起こりやすい季節です。

しかし、どのような症状でも前もってきっちりとしたメンテナンスを行っていれば故障する確率は少なくなります。

来年から,大きく気温が変化する夏前点検を習慣化してみませんか?