突然のトラブルで一番困ることは、エンジンが掛からない事だと思います。こんにちは、テクニカルステージです!

エンジンの始動不良には様々な要因が考えられますが、一番多い要因はセルが回らない症状だと感じます。

セルが回らない場合、バッテリー・スターターリレー・セルモーター・キーシリンダー部といろいろと故障箇所考えられますが、基本的にはバッテリー上がり、その次にセルモーターの故障が原因で始動不良になることがほとんどです。

バッテリーの場合は現地でも対応できる場合が多く比較的早く車両を動かすことが出来ますが、逆にセルモーターが原因の場合はその場から動かすことが困難で、レッカーでの搬送がかなり多くなります。

今回は自宅駐車場で急にセルが動かなくなった車両のレスキューのご依頼です。車両はこちら

オデッセイセルモーター交換

RB1オデッセイです。

現地でセルにショックを与えてみたりしましたが症状変わらず、やむなくレッカーでの搬送となってしまいました。

オデッセイセルモーター交換

ホンダのK型エンジンですがセルモーター交換は少し厄介で、インマニの取り外しが必要なため各種ガスケットが必要になります。

オデッセイセルモーター交換

各配管やスロットルを取り外したら

オデッセイセルモーター交換

インマニをごっそり取り外して初めてセルモーターが姿を現します。

オデッセイセルモーター交換

今回もリビルトのセルモーターで修理を行います。ノーマル車両では一番の方法だと思います。

インテやシビック等のチューニング車両は強化品もあるのでそちらがおすすめです。

オデッセイセルモーター交換

フライホイールのリングギアも確認しておきましょう。

オデッセイセルモーター交換

ガスケット交換してもとに組み直せば作業は完了です。時間や予算が許せばインマニやスロットルの清掃もおすすめです。

テクステでは簡易的な清掃は毎回行っています。

修理後は力強くセルも回り、気持ちよくエンジンも掛かるようになりました。ご依頼ありがとうございました!

今回のようなセルモーター故障は、急に車を動かすことができなくなるので大変困ります。

初期症状がないパターンも大変多いですが、まれにキーを回しても[カチ]と音がしてセルが動かないような場合は、セルモーターの故障が近いかもしれません。

急遽動かなくなったときも対応できる様に、任意保険のロードサービスやJAFの加入状況を確認しておいたほうが良いでしょう。