いきなり怖いタイトルでごめんなさい(;´Д`)こんにちはテクニカルステージです!

[いろいろとやってます]の中でもタイヤを取り上げている記事は多数ありますが、溝の確認やひび割れ・亀裂(クラック)、ゴムの硬化などには気をつけてくださいと毎回お願いしていると思います。

タイヤは命を載せて走っています。車やバイクが唯一路面と接地している場所がタイヤですよね?

さて、ここで一本のタイヤを見ていただきましょう。

タイヤバースト

どうでしょう?ヒビや亀裂の状況が確認できましたか?それではこのタイヤについて質問を致します。

「このタイヤが装着されている車はあと3ヶ月で車検切れになり廃車になります。スリップサインは出ていないので溝はあるようですがスタンドや整備工場で交換を進められました。交換するにも予算がかかりますし走行上異常は感じず、空気圧の変化やハンドルの振れ・振動はありません」

あなたならこのタイヤを進められたようにタイヤ交換しますか?

あと3ヶ月だからと交換しない判断をしたあなた…こちらを御覧ください。

タイヤバースト タイヤバースト

死にますよ…

今回は先程の質問のような状況の車がバーストを起こした事例なのですが、一般道でこのようにバーストを引き起こしました。

すぐに気が付き停車できたため大事に至りませんでしたが、これが高速道路や国道などの速度も走行車両も多い場所であれば大惨事になっていたかもしれません。

小さなヒビは緊急性が低い場合もありますがタイヤが劣化していることには違いなく、どのようなヒビや亀裂が危険なのかはケース・バイ・ケースです。

今回のようなひび割れは明らかにアウトですが、薄い小さいひび割れでも場合により危険です。

確かに廃車予定の車に予算をかけることはもったいないと感じることもわかります。しかしもし事故が起これば人間の命など簡単になくなってしまいます。

酷な言い方ですが自分だけで死ぬ場合は良いでしょう。しかし、もし関係ない人を巻き込んでしまったら…

最近は車の性能向上やセルフスタンドの増加により整備やメンテナンスの意識が低くなっているような気がします。

今一度考えを改めて行く必要が有るのではないでしょうか?

今回はこのようなお話で申し訳ございませんでしたm(_ _)m