いろいろなカスタム・チューニングの流行がありますが、どの時代でも一定の人気があるカスタム…それはホーン(クラクション)交換です。お疲れ様です。テクニカルステージですよ~!

特に軽自動車やコンパクトカーはコストやエンジンルームスペースの関係上小型のホーンが一つしか付いていない車種も多く、ホーンボタンを押しても気の抜けるような音しか鳴りません。

あまりにも大きい音は迷惑になりますが、元が注意喚起の機能なのに気づいてもらえなければ意味がありませんし、鳴らすときはキレイな音で鳴らしたいものです。

ミツバやHELLA(ヘラー)にPIAA(ピア)にBOSCH(ボッシュ)と様々なメーカーがありますが、現在はネット上で音の視聴ができる場合も多いので自分にあった理想の音色を探すこともできます。

今回はスズキ ワゴンR MH21Sのホーン交換のご依頼です。車両はこちら

ワゴンRホーン交換

前回通勤用にテクステから販売させていただいた車両です。

あまりにもホーンの音が小さいとのことで交換することになりました。交換するホーンは…

ワゴンRホーン交換

このホーンを取り付けします。ヘラー製でポルシェ カイエンの純正ホーンです。

実は、前回ホーン交換したカイエンから取外したものが余っていたので使用することにしました。

ポルシェ純正ホーンの流用をしているワゴンRは日本でもこの1台ぐらいでしょう(笑)それでは作業を開始します!

ワゴンRホーン交換

MH21SのワゴンRはグリル裏に純正ホーンが付いているので、まずはグリルを取り外します。

上部に4箇所クリップで止められているので外して引き上げると簡単に外れます。そこそこ年数の経つ車両ですのでクリップは非常に破損しやすいので要注意。

ワゴンRホーン交換 ワゴンRホーン交換

これが純正ホーンです。頼りないですよね(^_^;)

ワゴンRホーン交換

一つは純正ステーに取り付けし、もう一つはラジエターコアサポートに新規に取り付け穴を作成して取り付けします。

ワゴンRホーン交換

純正はプラス線1本しか無いので分岐させて取り付け。試しに鳴らしてみると、力強いキレイな音を奏でます。

電源容量が足りない可能性もありましたが、2個のホーンをしっかりと鳴らす事ができました。ホーンが片側しか鳴らない場合や力強さがない場合は別途リレーの追加が必要です。

ワゴンRホーン交換

グリルをもとに戻し完了!色付きの目立つホーンであればワンポイントのアクセントにもなりますね♪お客様も大満足なようです!ご依頼ありがとうございました~!!

今回はワゴンRのホーン交換でした!DIYでも結構チャレンジされているカスタムだと思います。

バンパーの脱着等がなければ比較的簡単に行えるので、しっかりと情報を集めてチャレンジしてみるのはいかがでしょう?