スタイルだけではなく走行性能にも大きく関わってくるサスペンションカスタム。たった数センチの車高の違いでびっくりするほど車が変化します!こんにちはテクニカルステージです!

通常は車高を低くすることが多く、ダウンサスや車高調整式サスペンション(車高調)を取り付けし自分好みにチューニングします。

最近では車高調の金額もかなり手頃になっているので、ショックアブソーバーのリフレッシュも兼ねてダウンサスではなく車高調を選ぶ人がほとんどです。

また、車高調であれば文字通り車高の調整ができるので細かい調整が可能です。

ここで難しいのがスタイルや走行性能を重視するか、日頃の運転のしやすさや乗り心地を重視するかという問題です。

車高は低ければスタイルもシャープになり、走行性能も向上しますが(常識の範囲内での調整の場合ですが…)反面、段差とボディの接触や駐車場などの車輪止めにぶつかるようになったり、乗り心地が悪化したりとデメリットももちろんあります。

今回はすでに他店で車高調が装着されている車両の車高調整のご依頼です。

オデッセイ車高調整

RC系のオデッセイです!無限仕様でスポーティーでかっこいいですね~♪

オーナーのお父さんはスタイリングに不満はなくこのままで乗りたいと考えていたようですが、日頃運転する奥さんや一緒に乗る子供さんから気を使う・乗り心地が悪い・酔う(# ゚Д゚)とクレームが入り泣く泣く乗り心地重視のセッティングに変更することになりました。

オデッセイ車高調整 オデッセイ車高調整

確かにそこそこ車高が落とされていますので、ストローク不足からの底づきやバネレートの硬さを感じるのではと考え、車高のアップとプリロードの調整等を行うことになりました。

プリロードとは最初からバネにかかっている荷重のことで、これを調整することで簡易的にバネレートを変化させ乗り心地を良くしたりスポーツ性能を高めたりと調整することができます。

オデッセイ車高調整

まずは寸法をチェックして各サスペンションの状態をチェックします。左右でばらつきはありませんでした。

たまに寸法がバラバラで調整されている車があります(^_^;)

オデッセイ車高調整

まずはバネにかかっているプリロードを抜き柔らかめの方向にセッティングし、次にロックプレートを緩め車高自体を調整します。今回の車高調は全長調整式ですので全体の長さで車高の調整を行います。

オデッセイ車高調整

リア側はバネでの調整になります。ショック自体の調整も忘れずに。

オデッセイ車高調整

足に車重をかけブッシュ類を締め直します。これでゴムブッシュの可動域が適正になるので、乗り心地だけではなくスポーツ走行にも効果的です。

オデッセイ車高調整 オデッセイ車高調整

写真では少しわかりにくいですが4~5センチ前後車高を上げました。これで純正車高より少し落ちたぐらいですが、元が低めの車高だったのでかなり高く感じます。

オデッセイ車高調整

アライメントとハンドルのセンター出しを行い完了です。調整前に比べてゴツゴツ感が圧倒的に少なくなり乗り心地はかなり向上したと思います。

そのかわりロールが増えたのでふわふわ感は多少感じます。これは好みの問題でしょうか?少しだけ減衰力を強めに調整しておきました。

すべて完了しお客様に納車しました。お父さんは多少残念感があったようですが後に奥さんとお子さんに感想を聞いたところ、今までよりもかなり良いと喜んでいただいたようです。ご依頼ありがとうございました!

理想を追求するのがテクステのお仕事ですが、やはり奥さんの意見を無視するわけにはいきません(笑)

今回の車高調整は乗り心地重視のセッティングを行いましたが、もちろんスポーツ走行やスタイリング重視のセッティングも可能です。

家族で乗る車ではみんなの意見を聞いてカスタム・チューニングを行わないと後が大変です…そのような場合は調整幅の広いパーツを選べば、後の調整で対応ができます。

そんな事も念頭に置いてメニューを組んでいくことをオススメいたします!

頑張れ!家族がいる車・バイク好き(*´∀`)b