新車…いいですよね~♪あの独特の匂いがたまりません!こんにちはテクニカルステージです。

でもあの匂いは接着剤とかの匂いらしいのであまり体に良くないらしいです(^_^;)結構好きな方多いと思いますけどね。

新車といえばその他にも慣らし運転という言葉を聞いたことはないでしょうか?

新品のエンジン・ミッション・サスペンション・ショックアブソーバーなどギアやリング類の駆動パーツをなじませる作業の事を指し、この作業を無視して高回転の運転や急加速・急旋回などを多用するとクルマ・バイクの寿命の低下や本来の性能を引き出せなくなります。

ただし昔に比べると部品精度も向上してますのでそこまでシビアになることはなく、新車から1000km~3000km前後まではエンジンを高回転まで回さずにゆっくり運転を心がければ慣らし運転はOKです。

そしてもう一つ注意点として慣らし運転が終わったらエンジンオイルとオイルフィルターは交換しましょう!

各パーツが馴染んだ後は少し多めの鉄粉などが発生するので、そのままオイルとフィルターを使用してしまうと微細な鉄粉で傷が入りやすくなります。

本当に少しの違いではありますが最初の慣らし運転で車両の寿命は大きく変わっていくと思います。

今回はちょうど慣らし運転が完了しはじめてのオイル交換のご依頼です。車両はこちら

N-WGNオイル交換

ホンダN-WGNですね。N-BOXと並んでホンダの軽自動車の中では人気のあるモデルです。

スロープで少し前を上げてあげればジャッキアップしなくてもオイル交換ができます。

N-WGNオイル交換

オイル、フィルター共に交換。使用オイルはテクステではおなじみスピードマスターのスーパーエコ0W-20を使用します。

規定量入れて完了です!その他軽い点検も行いますが車が新しいので特に問題もありませんね。

N-WGNオイル交換

天気が良かったので店舗前でパシャリ!お客様に納車致しました。ご依頼ありがとうございました~!

最近は慣らし運転は必要ないとの意見も出ていますが、テクステでは慣らし運転は行うべきであるとの考えです。

やはり工業製品ですので馴染む時間は必要で、先程も言いましたが寿命は大きく変わってくると思います。

普通のファミリーカーなどは1500kmでオイルとフィルターを交換してあげれば慣らし運転は完了してもいいと思います。

スポーツカーは新車時は1000kmで一度オイルとフィルターを交換し、3000kmで再度交換して慣らし終了。

エンジンカスタム・チューニング時は500km・1500km・3000kmで交換するようにオススメをしています。

ミッションもマニュアル車であれば3000kmで一度交換するほうが良いでしょう。AT・CVT車はそこまで気にしなくとも良いですが、できれば10000kmで一度交換してあげればベストです。

少し過剰かと感じるかもしれませんが、慣らしとオイル交換で車の性能は引き出すことができます。

せっかくの新しい愛車ですので、きっちりと慣らし運転を行ってあげれば必ず愛車も期待に答えてくれると思いますよ!