部品交換時もちょっとした気遣いでトラブルを防ぐことができます。ども!テクニカルステージです。

例えばオイル交換でも抜いている間に、下回りのブーツにヒビや破れがないか、オイル漏れはないか等考えながら整備をすると故障の早期発見もしやすくなります。

今回はホンダ バモスのブレーキパッド交換のご依頼でしたが、少し気になることがあり後日再整備を行うことになりました。車両はこちら

バモスキャリパーOH

いつも色々とご依頼ありがとうございます!

特に現状効きなども問題なく、引きずりなども起こっていませんでしたが、数日前のパッド交換時にキャリパーピストンのサビを発見。

清掃では少しむずかしいレベルでしたので、後に固着の危険性も考えオーバーホールとなりました。

当日は部品が間に合わなかったため、グリスアップとパッド交換のみを行い部品が揃い次第すぐに作業に取り掛かります。

キャリパーを取り外しピストンを抜くと…

バモスキャリパーOHバモスキャリパーOH

結構サビが進行しています。このまま使用すればそう遠くない時期に固着やフルード漏れが発生したでしょう。

新品ブレーキパッド交換時は必ずピストンを押し戻します。その際にダストブーツをめくってピストンを確認することは必須です。

この作業を行わないとピストンシール側にサビを押し戻す事になり、シールを傷つけフルード漏れを起こしたり固着したりします。

軽度のサビであれば簡単な清掃とグリスアップでキレイになるので、必ず行うようにしています。

他社でのパッド交換後トラブルもそれなりにあるので注意してください。

新品のピストンとOHキットを使用して修理はOK、キャリパーのエア抜きを行いすべての作業は完了です。

OH後はやはりピストンの動きが渋かったのかブレーキタッチも柔らかくなり、制動力も向上しました。

特に軽く踏み込んだときの感触は良好です。また安心して乗ることができますね♪ご依頼ありがとうございました!

今回のようにただ作業を行うだけでは気付きにくい異変も、ほんの少し確認する箇所を増やすだけでトラブルの芽を摘むことができます。

せっかく作業をするのですから、すぐ近くの簡単な箇所は一緒に見てしまえば安心です。

ファンベルトを外せばオルタネーターやウォーターポンプに異常はないか、車高調を組むときはアーム類に異常はないか、エアクリーナーを交換するならパイピングにヒビ等はないか…どれもついでならとても簡単な事だと思います。

ちょっとしたことで故障を未然に防ぐことができるかもしれない。そう考えながらいつもお仕事しているつもりです。