マニュアルにお乗りの方ではおなじみのクラッチ交換、ほとんどの交換理由がクラッチ滑りですが、たまに変わった症状で交換する場合があります。こんにちは、テクニカルステージです!

今回はコペンのクラッチ交換のご依頼です。車両はこちら

コペンクラッチ交換

前回はブレーキのOHでご紹介してますね。いつもありがとうございます。

さて、症状ですがクラッチのミートポイントが変わる、クラッチを切るたびに異音が出てペダルが重いとの事でした。

更に急加速時には、繋いだ瞬間に一瞬滑る症状もあるようです。

このような症状の場合は一番最初に考えられるのがレリーズベアリング、その次にクラッチカバーが多いです。

どのみちミッションを下ろすことになることが多いので、整備プランもしっかりと考える必要があります。

お客様とプランを決めた結果、純正オプションのLSDとクラッチケーブルの交換も同時に行うことになりました。

LSDは社外品もありますが、街乗りメインの場合は乗りやすい純正のほうがオススメでしょう。峠道やサーキットなら絶対に社外品オススメします。

コペンクラッチ交換

FF軽自動車の殆どの車種は、クラッチ下ろすのにエンジンも一緒におろしたほうが早いので、燃料ポンプのリレーを抜いて燃圧を抜きます。

コペンクラッチ交換

邪魔な部品やホース・パイプも外します。

コペンクラッチ交換

室内からハーネスをエンジンルームに引き込み準備完了、メンバーをウマで固定してボルトを外し車体をリフトで上げると~

コペンクラッチ交換

すっぽりと残ります。ここまでくればミッション自体も軽いので簡単に取り外しが可能ですね。

コペンクラッチ交換 コペンクラッチ交換

この状態で先にクラッチワイヤーを交換します。エンジン乗ったままでは超大変なワイヤー交換ですがいくらか簡単になります。それでも少しやりにくいですが(^_^;)

コペンクラッチ交換

ミッション分離した状態で一番最初の異常がクラッチのダイヤフラムの異常摩耗です。

今回2度めのクラッチ交換とのことですが、前回交換距離を考えるとかなりの摩耗に見えます。更に…

コペンクラッチ交換 コペンクラッチ交換

レリーズベアリング廻りはグリス切れで動きがかなり渋くなっており、ベアリングのスリーブ部には段付きが出来てしまっています。

コペンクラッチ交換

そのためレリーズフォークの摩耗も左右均一ではなく、かなり変な方向に力が加わっていたようです。

コペンクラッチ交換 コペンクラッチ交換

クラッチディスクやフライホイールはそこまで痛みはありませんでした。フライホイールは続投ですね。

さて、先程のスリーブ部の摩耗ですが、この型式のコペンに関してはケースと一体になっているため金額が結構かさみます。

結構摩耗しやすいので、クラッチ交換時は少し覚悟していたほうが良いかもしれません。

コペンクラッチ交換

ミッションを分解。シンクロやギアはまだ使用できたので今回は洗浄してきれいに組み付けていきましょう。

コペンクラッチ交換

新品パーツたち。ミッションやクラッチ交換時は細々したパーツが多いです。

コペンクラッチ交換 コペンクラッチ交換 コペンクラッチ交換 コペンクラッチ交換 コペンクラッチ交換 コペンクラッチ交換コペンクラッチ交換

各パーツ類を組み込みエンジンとドッキング!ケースが一部新品なんで違和感あり(笑)

そのままエンジン載せてクラッチの調整したら完了ですね。劇的にクラッチペダルも軽くなり乗りやすくなりました。

純正LSDもマイルドな効きで、街乗りメインならバキバキ音も気にせずにすみ良さそうですね。ご依頼ありがとうございました!

今回は使用できない部品もそこそこ多く、部品代は少し多くかかってしまいました。

軽度な段付きなどであればペーパーで研磨したりして使う場合もありますが、今回のような重症ですと必ず交換が必要になります。

もしかしたら前回交換時に軽度の段付きがあり、走行距離が伸びるにつれ悪化していき、レリーズフォーク・ベアリングに負荷がかかったのかもしれません。

クラッチ交換は同時に交換しておいたほうが良い部品が多いので、少し多めの予算を考えていたほうが安心です。