日本車と外車で考え方の違いがあり、整備のアプローチも変わる場合があります。こんにちはテクニカルステージです。

例えば日本車の場合はエンジンオイルが消費することはあまり想定をしていませんが、欧州車はエンジンオイルが減っていくことは当たり前だと考えられており、ポルシェなんか1000KMで1Lぐらい減っても正常だったりします。

そして題名にあるようにブレーキの考え方も違います。

日本車では主にブレーキパッドでメインの制動を行い、ブレーキローターが摩耗することは少ない傾向です。

しかし外車、特に欧州車はブレーキパッドとブレーキローターが共に削れるような組み合わせになっている事が多いので、パッド交換時はほぼローターも同時交換となります。

ブレーキローター分多く削れているのでよくホイールが汚れる反面、国産車よりもブレーキの効きが良い場合が多いのはそんな理由だからなんですよ。

これをよく確認せずに国産車のようにパッドのみの交換を続けると、ロータの摩耗で制動力も落ち危険です。

ですが、パッド交換時に毎回ローターも交換すると費用も結構かかります。

さてそんなお悩みにとてもいい方法があるんですよね♪今回はそんな車のブレーキ整備のご依頼です。

フィアットパッド交換

フィアット500おしゃれですね!500はチンクエチェントと読むそうです。

フィアットパッド交換

そこまで走行距離は走っていませんが、ローターはかなり摩耗していることがわかります。

お客様はホイールの汚れにもかなり悩んでいたそうです。

ですので、テクステで欧州車にいつもオススメしている日本メーカーのブレーキパーツで交換を行うことにしました。

フィアットパッド交換

テクステで一番取り付けが多いディクセルをセットで使用します。

もちろんローターの摩耗もかなり少なくなりますし、高性能のパッドでダストの低減、制動力も申し分なしです。

しかもエントリーモデルのパッドやローターであれば、純正部品よりも安く上がる場合も多いのが嬉しいですね。

経験上日本メーカーであれば純正に比べてパッド1.5~2倍ローター3倍ぐらい持ちが良いように感じます。

フィアットパッド交換

ブレーキパーツ取り外し、各部清掃も同時進行。

フィアットパッド交換 フィアットパッド交換

ハブの錆落としもしっかりと。

フィアットパッド交換

新品ブレーキはやっぱり気持ち良いです♪これでブレーキダストや大きな摩耗にも悩まなくて済みますね~、ご依頼ありがとうございました!

さて、今回のようにテクステでは外車のブレーキは特殊車両以外、ほぼチューニングパーツを使用しています。

先程もお話したように寿命も長くなりますし、ダストも低減します。ローターが固くなるのでブレーキタッチが固めになるのも個人的には好感触です。

その分ちゃんとしたメーカのものを選ばないと、純正よりも効きが悪くなったように感じる場合もあります。まぁ、よく聞くメーカー製であれば間違いはないでしょう。

お国柄で考え方の違いがあると思いますが、日本で使用する車は高い速度からのブレーキよりも頻繁な軽いブレーキが多いので、やっぱり日本メーカーの商品の方がマッチしているんじゃないかと思います。