パンクってよほどの大きいものを踏まない限り直ぐには気づかないのが問題なんですよ。こんにちはテクステです。

今回は自宅駐車場でぺちゃんこになってしまったトヨタヴィッツのレスキューのご依頼です。

走行時は特に問題を感じず、帰宅され次の日に空気が完全に抜けてしまったようです。じわじわと抜けていくパンクは気づかない事が多いためこのようなパターンが一番多いです。

お客様ご自身でスペアに取替しようとチャレンジしたようですが、取り外しできなかったため現地にてスペアの交換を行い持って帰ってきました。車両はこちらです。

ヴィッツタイヤ交換

店が忙しくてんてこ舞いな日だったので作業スペースも狭いです(-_-;)最初はパンク修理のご依頼だったのですが、装着されていたタイヤが…

ヴィッツタイヤ交換

ヒビだらけー(;´Д`)

もう溝も残り少ない+このまま使用すれば危ない事とこのタイヤでパンク修理ももったいない為交換をおすすめしたところ交換のご依頼を頂きました。

使用するタイヤはヨコハマエコスです。

ヴィッツタイヤ交換

値段も安くそこそこのタイヤですので、コンパクトカーや軽自動車によく使用しております。

ヴィッツタイヤ交換 ヴィッツタイヤ交換

見てくださいこのヒビ!

ここまでヒビがあるとタイヤはどんどん劣化していきますので溝がまだある場合でも早めの交換をおすすめいたします。

よくタイヤはどのぐらいの年数使用できるかと質問されるのですが、ユーザーの使用環境により違うので3年で今回のようなヒビが入る車両もあれば5年大丈夫な車両もあります。

また、見た目に異常がなくてもゴムが硬化していればグリップの低下やロードノイズの増大も考えられます。

タイヤのゴムは紫外線が一番の大敵ですので青空駐車であればどうしても寿命は落ちていきます。

タイヤの空気圧の管理もタイヤを長持ちさせる重要な要素ですので、月に一度は空気圧の調整とタイヤの点検を行いましょう。

ヴィッツタイヤ交換

新品タイヤは見た目も綺麗ですし、ハンドルが軽くなり燃費も良くなります。

早め早めのローテーションで長持ちさせて行きましょう!ご依頼ありがとうございました!