エンジンからのガラガラやゴロゴロといった異音が聞こえてきたら、原因はウォーターポンプという部品かもしれません。お元気ですか?テクニカルステージです。

もちろんその他の原因も考えられますので一概に言えないのですが、このウォーターポンプはクーラント(冷却水)をエンジンやラジエターに循環させる部品です。

大体8万~10万キロを超えたあたりから故障が多くなる傾向で、昔に比べるとトラブルも多くなっています。

トラブル増加の要因の一つとして現在はタイミングベルト搭載車種が少なくなったことが考えられます。

ミニキャブのタイベル交換の記事でもご説明していますが、タイミングベルト交換時は工賃の節約のためにウォーターポンプを同時交換する場合が多いです。

そのためタイミングベルト搭載車種が一般的だった時代はウォーターポンプが故障する前に交換されることが多く、トラブルになることが少なかったのではないかと推測しています。

現在はタイミングチェーン車がほとんどですので、ウォーターポンプを交換する機会も少なくトラブルが表面化しているのでしょう。

ウォーターポンプが完全に故障した場合は、オーバーヒートからのエンジン破損で数十万円の修理費用が必要な場合も多いです。

軽微な症状の場合は気づきにくい事もよくありますので、クーラントの減りが増えたときやエンジンルームからいつもと違う甘い香りがした場合は少し注意して見てみましょう。

今回はエンジンルームからの異音でウォーターポンプの破損が判明した事例です。車両はこちら

bBウォーターポンプ交換

トヨタbBです。初代で若者に大ヒット!現在も比較的若い方が乗っていることが多いような気がします。

当車両は走行距離13万キロ超えでエンジンをかけるとガラガラと異音が鳴り、回転数に連動しています。

考えられる箇所としてプーリーやエンジン内部も可能性がありますが、ウォーターポンプからのクーラント漏れとプーリーのガタが確認できたためポンプ交換となりました。

bBウォーターポンプ交換

ぱっと見は大きな異常がないように見えますが、プーリーにクーラントの乾いた後がありますし、メンバー側には大量に漏れた跡があります。ピンク色の粉っぽいところがそれですね。

bBウォーターポンプ交換

下側から見ると更にわかりやすいです。取り外すにはプーリーの固定ボルトを緩め、ファンベルトを取り外して交換します。

bBウォーターポンプ交換

プーリーまで外すと漏れの大きさが確認できますね。これで本体のボルトを取り外せば…

bBウォーターポンプ交換

結構な重症でした(^_^;)後で水漏れの原因にならないようにポンプ取り付け箇所はきれいに清掃をしておきましょう。

bBウォーターポンプ交換

クーラント交換時にはヒータコア側にも水を流して清掃しておきます。

bBウォーターポンプ交換 bBウォーターポンプ交換

新品のポンプを取り付けて

bBウォーターポンプ交換

クーラントのエア抜きを行えば完了です。異音も解消されまた安心して乗ることができるでしょう。ご依頼ありがとうございました!

今回は行いませんでしたが車両の状態によりサーモスタットやファンベルトも同時交換すれば工賃も抑えられますね。

異音や水漏れが発生したときにはすでに限界な場合が多いウォーターポンプ、前兆はとてもわかりにくいのでオイル交換や車検などの点検時にクーラントにじみやプーリーのガタなどを点検するようにすると異常も発見しやすくなります。

10万キロを超えてきた車両は少しこまめに確認してあげる必要があると思います。