すっかりと暖かくなりバイクの季節ですね♪どもども、テクニカルステージです!

長年お仕事をしているといろいろな思いも寄らないトラブルに遭遇することもありますが、今回はハーレーのFショックに異変があり急遽ご来店されたハーレーの修理模様を記事にしたいと思います。車両はこちら

ハーレーフォークOH

ハーレー ヘリテイジ、日本でも大変人気の高いモデルですね。

テクステの近くを走行中に急にハンドルが振れるようになり不安定になったとの事でご来店されました。更に、

ハーレーフォークOH

フォークのオイルがかなり漏れており、Fフォークに異常があることは間違いありません。

そこでフォークの確認を行うために、カバー類を取り外して行くと…

ハーレーフォークOH ハーレーフォークOH ハーレーフォークOH

こんな状態初めて見た(^_^;)走行中怖かっただろうなと思います。

ステムのショック固定ボルトが破損したことによりショックがストローク時に回転してしまい、トップボルトが緩み脱落したと考えられます

たしかにインナーチューブはストローク時に左右どちらかに回転することが構造上多いのですが、まさかこんな状態になるとは。

このような状態になるとインナーチューブ等のパーツも使用可能かどうか確認しながらOHを行う必要があります。

今回は異常が起きてすぐ修理に入れたので、各パーツ使用できるものが多く軽症でした。

ハーレーフォークOH ハーレーフォークOH

まずは折れたボルトの撤去から。

ハーレーフォークOH

Fフォークを左右取り外し

ハーレーフォークOH ハーレーフォークOH

フォークオイルを抜いてOHの準備です。オイルの状況から一度もOHは行ってなさそうですね。

ハーレーフォークOH

各パーツをきれいに洗浄して組み直せばOH完了。同時に車両の油汚れも清掃します。

ハーレーフォークOH ハーレーフォークOH

同時にご依頼いただいたタイヤ交換も行いすべての作業は完了。

ハーレーフォークOH

またきれいで調子の良いハーレーが帰ってきました。お客様に試乗していただいたのですが、FフォークOHの効果とタイヤ交換の効果で違うハーレーに乗っているように乗りやすいと喜んでいただけました。

大変喜んでいただきこちらも嬉しい限りです。ご依頼ありがとうございました!

今回はなかかな起きないようなトラブルで驚きましたが、大きな事故などに発展しなくて本当に良かったと思います。