運転者が速度や回転に合わせてギアチェンジを行うマニュアル車、それとは対象的に自動で適切な変速を行うオートマチック車。あなたの車はどちらでしょうか?こんにちはテクニカルステージです!

今や日本ではマニュアル車はほとんど見なくなり、オートマ車の時代になりました。新型車は更に無段変速のCVTにドンドンと変更されています。(実際にはCVTもオートマの一種ではありますが…)

オートマにもCVTにも専用のフルード(オイル)が使用されています。各メーカーにより交換時期は異なりますが、総合的に長めの使用期間を設定しているメーカーが多く、交換不要なメーカーもあります。

しかし、オイルは劣化していくもの…長く使用するとパワー感や燃費の低下、ノイズの増加も引き起こします。

エンジンオイル同様適切に交換を行い、愛車に気持ちよく走ってもらいましょう。

今回はトヨタ ヴェルファイアの車検のご依頼で、購入後CVTフルードの交換を行ったことがない為車検と同時に交換を行う事となりました。車両はこちら

ヴェルファイアCVTフルード交換

前回バッテリー交換を行ったヴェルファイアです。今回の車検ではバッテリーは交換不要です。(笑)

ヴェルファイアCVTフルード交換 ヴェルファイアCVTフルード交換

いつものように洗浄から。やっぱり結構汚れていますね。

洗浄終了後水気を切りジャッキアップを行い、各部点検と交換部品をピックアップしていきます。

ヴェルファイアCVTフルード交換 ヴェルファイアCVTフルード交換

まずはエアーフィルターとエアコンフィルターを交換します。この2つは走行する場所により汚れ方に大きな差がでます。

ヴェルファイアCVTフルード交換ヴェルファイアCVTフルード交換

スパークプラグは洗浄でOK!まだまだ使用できそうです。

ヴェルファイアCVTフルード交換ヴェルファイアCVTフルード交換

リアタイヤの溝にクラックが入り始めています。まだ使用できそうではありますが、お客様の奥さんがメインで乗ること・子供さんの部活で高速を多用しておりチームメイトも乗せることが多いこと、などから安全を考え交換することとなりました。

ヴェルファイアCVTフルード交換

使用タイヤはフロントに銘柄を合わせ、ダンロップのエナセーブRV504を使用します。新品タイヤはフロントに使用したいのでローテーションもついでに行いましょう。

ヴェルファイアCVTフルード交換ヴェルファイアCVTフルード交換

冒頭で話題にしたCVTフルードの交換を始めます。抜けるのに時間がかかるため、一晩ほど置いておくと結構抜けます。

ここでアルファード・ヴェルファイアのCVTフルード交換についてです。

この型式、というかこの年代のトヨタ車はCVTにオイルレベルゲージがなく、交換方法はオーバーフロー方式で行います。オイルを規定の場所からあふれるまで入れる方法ですね!

マニュアル車なんかではおなじみの方法ですが、オーバーフローさせるドレーンが別にあったり、油温の管理を行い量を調整したりと少々気をつけなければいけません。

ご自分で交換される場合は車両を一晩置いてCVTフルードを外気温とほぼ同じ温度にし、抜けた量とピッタリ同量を交換すれば特殊な作業は必要ありませんが、CVTは少しのミスで使用不可能になることもあるため気をつけて交換を行いましょう。

容量確認時の油温は車種により異なりますが、大体30℃~40℃です。赤丸がオーバーフローさせるドレーン、青丸がオイル補充のドレーン、オイルを抜いている所はもちろん排出用のドレーンボルトです。

ヴェルファイアCVTフルード交換 ヴェルファイアCVTフルード交換 ヴェルファイアCVTフルード交換 ヴェルファイアCVTフルード交換

使用フルードは純正です。テクステでは車種により純正や社外品等いろいろと用意しております。今回は走行距離が10万キロ近くで初のCVTフルード交換ですので純正を使用しました。オイルの汚れを比較するとかなり汚れていることが分かります。

ヴェルファイアCVTフルード交換

抜けた量と同量の新油を入れて規定の温度までアイドリングをさせます。その後オーバーフロー用のドレンボルトを外しポタポタとフルードが垂れてきたらOKです。垂れてこなかったらフルードを追加しましょう。あっもちろん車両は完全な水平に!

この方法で大体4L~5Lほど交換できますが、完全な全量交換とはなりません。次回のCVTフルード交換を少し早めに行い汚れを少しづつキレイにしていく方法が確実です。

ヴェルファイアCVTフルード交換

ブレーキフルードの交換やその他点検も行い整備は完了!無事車検も合格しました。

納車後とてもスムーズに走るようになり、燃費も少し向上したと感謝の言葉をいただきました。ありがとうございました。

トヨタ系であればCVTフルードは10万キロ交換推奨などが多いですが、テクステは遅くとも5万キロできれば2万~3万キロで定期的に交換することをおすすめしています。

これから10万キロ以上を走行したCVT搭載車が増えてくると思いますが、フルード交換の有無で車両の差が大きく出てくるのではないか…とテクステでは予想しています。