こんにちはテクニカルステージです!今年もあと少しですね~…早い(^_^;)

あっという間に年末になり一年が終わってしまいそうです。

ここ最近は寒さも一段と厳しくなりバッテリーのトラブルも非常に多くなっています。

年末に向けて早めのメンテナンスを行ってトラブルのない年越しを過ごしましょう。

テクステではメンテナンスを定期的に行うことはとても大切だといつもお話をしていますが、カスタムやチューニングを行った場合は更に注意深く愛車の状態を把握することが重要です。

車やバイクは純正状態での使用が前提になっているので、パワーを上げたり車高を調整したりすると各パーツに負荷がかかり劣化が早まる場合があります。

純正と同じ感覚で改造車を使用しているとトラブルが起きた場合に、改造車=壊れやすいと間違ったイメージを持ってしまいます。

カスタムレベルにもよりますが、適切なメンテナンスを行えば純正と変わらないノントラブルな車両も多いんですよ!

今回はインチダウンを行っているハイエースのブッシュ交換のご依頼です。

ハイエースブッシュ交換

テクステでインチダウンやアルミホイールなどのカスタムを行っている車両です。いつもありがとうございます。

ランチョのKITを使用しているのですが、年数と使用走行距離からブッシュの劣化が気になってきたので交換することになりました。

現状異音などは発生しておらず、車重をかけたときにほんのわずかにガタを感じるレベルですが、このまま劣化していき大きなガタになってしまうとショック本体も破損する可能性があります。

ハイエースブッシュ交換

新品の補修用ブッシュキットを交換しましょう。痛みやすい部品ですので補修部品として供給されているのでありがたいです。

ハイエースブッシュ交換 ハイエースブッシュ交換

まずはRショック側からですが、こちらはあまり痛みは有りません。ほんの少し穴径が大きくなっていますね。

ハイエースブッシュ交換    ハイエースブッシュ交換ハイエースブッシュ交換 ハイエースブッシュ交換 ハイエースブッシュ交換

車重もありますし痛みが大きいのはFショック側ですね。ブッシュのヒビや長穴化しています。

このまま交換をしないとブッシュが破損して大きなガタや異音の原因になります。

新品ブッシュを組み込むとほんの僅かに合ったガタもなくなり、車もシャキッとした様に感じられました。

お客様にも安心して引き続き運転していただくことができそうです。ご依頼ありがとうございました!

今回はハイエースのショックブッシュ交換でしたが、早めに交換できてトラブル防止にも繋がりました。

これもお客様のメンテナンスに対する意識で大きく交換時期が変わる事例かもしれません。

こまめにメンテナンスに出していただければ愛車にあったメンテナンスをおすすめできますが、メンテナンス不足の場合は車両の状態がわからずに不具合を発見できない可能性が高まります。

最初の方にもお話しましたが、車両に適した最善のメンテナンスがトラブルの少ないモーターライフを実現します。