一気に寒くなりバイクに乗る機会が少なくなってきてませんか?こんにちはテクニカルステージです!

この時期からバイクの冬眠準備を始める方も大変多く、テクステでは乗らない時期に大きめのカスタムやメンテのご依頼が多くなります。

一方で年中バイクに乗っている寒さに強い方たちは(笑)この冬を安全に乗れるようにメンテを徹底している方も多いです。

今回は年中ツーリングに出かけるXJRのタイヤ交換のご依頼です。車両はこちら

XJRタイヤ交換XJRタイヤ交換

タイヤ溝はまだ使用できるレベルではありますが、使用年数からのゴムの硬化が気になり交換することになりました。

冬は路面温度が低くタイヤが暖まりにくいので、硬化したタイヤではグリップの低下が心配です。

特にハイパワーな大型バイクではスリップしやすく、コーナーでの転倒やアクセルON時のハイサイドなどの原因にもなります。

この時期を目安に硬化したタイヤは交換をおすすめしています。

XJRタイヤ交換

新しく履き替えるタイヤはピレリのANGEL STです。グリップ重視のタイヤではありませんが、耐久性やウエット性能も高水準でオールマイティーに使用できるツーリングタイヤです。

XJRタイヤ交換

まずはRタイヤから。同時にご依頼されているオイル交換なんかもついでにやっときます。

XJRタイヤ交換

新品タイヤと比べるとゴムの柔らかさが全然違います。これは冷えた路面でもしっかりとグリップしてくれそうです。

Rタイヤを組み込み、同じような要領でFタイヤも交換して作業完了です!

試運転するとタイヤの感触も柔らかくなり、バイクが素直に寝るようになったのでとても乗りやすくなりました。

お客様も乗りやすくなったとのご感想をいただき、大変満足していただいたようです。ご依頼ありがとうございました!

基本的には摩耗したりタイヤにヒビが入ったときに交換することが多いタイヤ交換ですが、バイクではゴムの硬化も交換の目安になります。

バイクは特性上スリップすれば殆どの場合転倒してしまいます。

転倒すれば修理代も高くなり、タイヤ交換できるぐらいの金額もすぐに無くなってしまいます。

冬は特に路面温度の低下からスリップが多い季節ですので、ゴムの硬化がある場合はこの時期にこそタイヤの交換を行いましょう。