ハイパワー+高トルクなバイクは、タイヤのチョイスにも気を使いますよね♪こんにちはテクニカルステージです!

走るステージに合わせてツーリング系のタイヤを使用したりハイグリップのタイヤを使用したりと最適なタイヤは変わりますが、装着する車両のエンジン出力でももちろん変わります。

今回はハーレーV-RODの人気モデルナイトロッドのタイヤ交換のご依頼です。車両はこちら

ナイトロッドタイヤ交換

タイヤ交換とメンテナンスを同時にご依頼いただきました。

ナイトロッドタイヤ ナイトロッドタイヤ

タイヤはヒビが軽く発生しており、ゴムも硬化しています。

V-ROD系はスポーツモデルとしてエンジンが設計されているので、とても高出力で力強いエンジンが魅力です。

そのためタイヤの劣化によるグリップ低下が大変危険で、スリップやハイサイド等も起こりやすくなります。

ハーレー自体が大排気量・高トルクな車両がほとんどですが、更にタイヤに気を使っていただきたいモデルでもあります。

ナイトロッドタイヤ

もともとはハーレー指定のダンロップが使用されており、テクステでもソフテイルやダイナ系で装着が多いタイヤですが、ハイパワーな事やそこそこ高速巡回をするとのことですのでメッツラーのME888を使用します。

テクステではV-ROD系やスポーツスター系、カスタムされて出力が上がった車両なんかにおすすめしております。

ナイトロッドタイヤ

リアタイヤはヒビは見当たりませんがゴムは硬化しており、残り溝も少なくなっていますね。

ナイトロッドタイヤ

240サイズの大きいタイヤを交換します。大パワーを支えるための太さですが、タイヤ交換の金額を考えると結構痛い金額になるのが玉にキズですね(笑)

ナイトロッドタイヤ

次はメンテナンスに進みます。通常のガソリンタンク部はエアクリーナーボックスになっており、ガソリンタンクはシート下です。

ナイトロッドタイヤ ナイトロッドタイヤナイトロッドタイヤ

スロットル周りは吹き返しとブローバイホースの劣化で油汚れが結構付着していますね。各清掃と部品交換を行いキレイになりました。

その他細々したメンテを行い作業完了!新品タイヤはハンドリングが軽くなりとても乗りやすくなるので、また安心して乗ることができるようになりますね。ご依頼ありがとうございました♪

冒頭でもお話しましたが、走るステージに合わせてタイヤを選ぶ場合でも今回のようにハイパワーな車両は基本的にグリップ高めのタイヤが安心だと思います。