エコタイヤやスポーツタイヤからコンフォート・激安タイヤなどなど一口にタイヤと言っても様々な種類があり、走るステージによって適切なタイヤを選ぶ事も重要です!実はタイヤ屋さんとして営業を始めたテクニカルステージです!

スポーツカーならスポーツタイヤ、ラグジュアリーカーならコンフォートタイヤなど基本の方向性はありますが、それにプラスして走るステージにタイヤをしっかりと合わせれば、コストパフォーマンスの増加やドライビングフィーリングの向上などが期待できます。

例えばスポーツカーでも通勤と買い物のみの使用でスポーツ走行を行わないのであれば、エコタイヤでも十分に性能を発揮してくれるでしょう。

逆にエコカーでも山道を走行することが多い場合は、少しスポーツ走行向けのタイヤをチョイスすると気持ちよく安全に走ることができます。

今回は走るステージが変更になり、タイヤもそれに合わせ変更することになったハーレーのタイヤ交換です。車両はこちら

ソフテイルデュースタイヤ交換 ソフテイルデュースタイヤ交換

01年モデルFXSTD ソフテイルデュースです。いろいろとテクステでカスタムをさせて頂いています。

最近までは主にキャンプツーリングに使用していたため、荷物を乗せることや長距離を走ることを重視してロングライフのダンロップのD401を使用していましたが、高速道路や峠道も多く走るようになってきたとのことで少し金額が上がりますがメッツラーのME 888 Marathon Ultraを使用することになりました。

ソフテイルデュースタイヤ交換 ソフテイルデュースタイヤ交換

ダンロップよりもグリップは向上しますがライフは少し低下します。気持ちよく走るのであればこちらのほうがおすすめですね♪

ソフテイルデュースタイヤ交換

サクッと外してホイールを清掃。手が入らない箇所もこんな場合は綺麗にできますからね~。後は組み付けて完了です!

一皮剥けるまで気をつけて運転していただくようにお伝えして納車致しました。ご依頼いつもありがとうございます!

今回はタイヤ交換でしたが、特にハーレーなどの大型の重いバイクはタイヤも専用設計のタイヤを使用することが重要です。

サイズがあっていれば組み付ける事は可能ですが、荷重に対して余裕のないタイヤなどでは異常摩耗やサイドウォール破損からのバーストなども起こりえます。

もちろん空気圧も重要で、指定空気圧よりも高くするほうが望ましい場合もあります。

そんな奥が深い世界ですのでタイヤ選びは難しいですが、愛車とバッチリ噛み合いお客様から感謝されると、とても気持ちのいいものでもあります。

千差万別いろいろなタイヤがありますが、あなたの愛車に合わせたピッタリのタイヤをおすすめしますよ♪