カスタムされた車両はノーマル車両よりも日頃のメンテに気を使ってあげる必要があります。どもども、テクニカルステージです!

特に性能を底上げするために交換するパーツは、構造が純正とは全く違う場合も多く、しっかりとパーツの構成を理解してメンテを行う必要があります。

今回はインプレッサの車高調交換のご依頼です。車両はこちら

インプレッサ車高調交換

いつもご依頼ありがとうございます。

インプレッサ車高調交換

当車両はすでにテインの車高調が取り付けされているのですが、車両購入時にはすでに交換されていたようですので使用年数・距離共に不明です。

また、前後アッパーマウントからカタカタコトコトと異音も大きくなっているため、リフレッシュをすることになりました。

OHとASSY交換どちらにするかですが、現状アッパーマウントにもガタがあるのでASSY交換を選択しました。

インプレッサ車高調交換

今回はテインのフレックスZに交換します。

金額も安く、軽いサーキット走行でも十分通用する車高調ですし、後々はOHではなくショックのみのリプレイスが可能なところも魅力です。

本格的にタイムを縮めるような使い方には不向きですが、街乗り車両が多いテクステではよく取り付けしているモデルです。

インプレッサ車高調交換

リアはシートを取り外し交換です。

インプレッサ車高調交換

フロントはピロアッパーですが、リアショックのアッパーマウントはゴムブッシュに変更になります。

ピロとゴムどちらが良いのかは考え方で色々とありますが、街乗りメインの場合は無理にピロアッパーマウントにする必要性は薄いかと考えています。

どうしても寿命もピロのほうが短いですし、今回のように異音の原因にもなります。

応答性やしっかり感はピロのほうが遥かに上ですので、スポーツ走行が多い車両はピロ仕様をおすすめしますが、街乗りメインの車両はわざわざピロ仕様の上位モデルを選択しなくてもいいと思いますよ。

すべて交換が終わったら、車高の調整とアライメントを再度調整して作業完了です。

今までよりもシャッキリと反応するようになり、異音も解消して気持ちよく走れるようになりました。

お客様も喜んで頂けたようで嬉しい限りです。ご依頼ありがとうございました!

さて、先程話したように、すでに車高調等のカスタムパーツが取り付けられていた場合のリフレッシュ方法として、オーバーホール(OH)・ASSY交換(全交換)の二通りがあります。

オーバーホールとASSY交換のメリット・デメリットは以下のとおりです。

OHメリット

  • ショック1本のOH基本工賃が大体10,000~15,000円前後が多く、状態が良ければ安くリフレッシュが可能
  • OH時に仕様変更が可能なメーカーが多く、走るステージに合わせて減衰力の変更等を行える
  • すべて分解しての作業になるので、別途スプリングを購入すればスプリングレートの変更なども工賃の追加はなし

OHデメリット

  • 現品修理のため納期がかかる
  • 取り外し時に車両が動かせなくなるので、車両を動かすには純正ショックなどが必要になり交換作業も2度必要
  • 状態が悪いとピストンロッドやアッパーマウントも交換が必要になり、ショックのグレードによりASSY交換に近い金額が必要になる場合がある
  • 古い車高調だとそもそも部品が廃盤になりOHが不可能な場合がある

ASSY交換メリット

  • 通常の交換作業と変わらないので、部品を用意して交換作業が行え作業完了も早い
  • 各メーカーは日々改良を行っており、同ランクMC後のショックを交換する場合は性能がアップすることが多い
  • メーカー変更やグレード変更も簡単に可能

ASSY交換デメリット

  • 金額が高くなりがち
  • 他のメーカーに変更した場合などに乗り味が大きく変わる場合がある

メリット、デメリットをよく考えどちらにするかを選びますが、テクステではエントリーモデルの車高調が取り付けられている場合はASSY交換をおすすめしており、ハイエンドモデルの車高調が取り付けられている場合やDIYでの作業であればOHをおすすめしています。