いきなり無視されると何かやっちまったかとオロオロします。それは人でも車でも同じことでしょう…

こんにちはテクニカルステージです。人との付き合いでは早急に原因を探り仲良く出来るよう修正しましょう。

今回はスズキ グラストラッカーが走行中に急にうんともすんともいわなくなったとのご依頼です。

車やバイクであれば無視をされエンジンがかからないということは機械的な原因が必ずあります。愛車は喋ってくれないのでひとつづつ原因を探り復旧させましょう!車両はこちら

グラストラッカー配線ショート

軽トラで運ばれての入庫です。半日ほど修理を試みたようですが原因不明。キーONでも何一つ反応を示さないため、電気系統が濃厚なようです。

ちなみにキャブが原因な場合はこんな感じになります。

まずはバッテリーの確認から…

グラストラッカー配線ショート

かなり電圧が低いです。この電圧ではセルは回らないでしょうが、メーターは反応するはずです。とりあえず新品バッテリーを発注。

グラストラッカー配線ショート

バッテリー取付部はかなり腐食していますね。清掃を行い予備バッテリーで各部を確認していきます。

しかし予備バッテリーを接続しても反応がない…という事は、メイン電源が流れていませんね~。ヒューズ確認しましょ。

グラストラッカー配線ショート

ピントがあってないので見にくいですがメインヒューズが切れています。同容量のヒューズを交換しキーをON!おっ復活したか?と思ったら数秒後に

パチッ

ですよね~(^_^;)またヒューズが飛びました。さてさてどっか断線しとらんかね~

グラストラッカー配線ショート

バッテリーのプラス端子が変に延長されていたのでとりあえず修正。多分ここではないと思いますが…

グラストラッカー配線ショート

はんだ付けしている途中にふとハンドル周りを確認すると、後付のグリップヒーターが装着されています。

はは~ん(*゚∀゚)コレ臭いな。とりあえず外して確認してみます。

グラストラッカー配線ショート

はいビンゴ!スパンと特定できると気持ちいいですね。

グラストラッカー配線ショート

配線がむけて切れかかっています。グリップヒーターはグリップをひねる動きで配線も動くためよく断線します。配線保護のために上から収縮チューブなんかかぶせたら尚更わからなくなるので、今回のようなヒューズ切れが頻発する場合は疑ってみてください。

配線撤去後、エンジン始動させるとヒューズが切れることはなくなりました!修理完了!!と思いきや数分後エンジンが停止…なんでやねん(;´Д`)今度はヒューズも切れていません。

症状的に電気の流れる量が少ない感じで、メーター類が全体的に暗いです。そういえばかなりバッテリー周り腐食してたよな~

グラストラッカー配線ショート

重点的に配線の確認を行っていくとすごい腐食をしているプラスの端子を発見しました。ここで電源のロスになっている為調子が悪いのでしょう。

グラストラッカー配線ショートグラストラッカー配線ショート

新しく配線を作り直し新品バッテリーを装着。調子よくセルも回り完全復活しました!電気系統の修理は目に見えない破損が多く悩まされる事も多いのですが、今回は早めに原因の特定と対策が実施出来たので良かったです。

ちゃんと原因を特定して修理したのでもうご機嫌を損ねることもないでしょう(o´艸`)ご依頼ありがとうございました!