エンジンの不調にも種類があり原因にも様々な要因が考えられます。こんにちはテクニカルステージでございます!

いきなりかからなくなる場合や、回転が上がらない、失火してパンパンとうるさい、単純にパワーが無くなったなどなどといろいろな症状があり、一番怪しいところから探っていくことが定石です。

今回はグラストラッカーのエンジン不調の修理ご依頼です。車両はこちら

グラストラッカーキャブOH

お客様の自宅まで引き取りに伺ってきました。実は前回もエンジンがかからなくなったことがある車両です。

前回は電気系統のトラブルでヒューズ切れが頻発していました。

今回はエンジン始動はするのですがアクセル全開でないと始動は困難で、走行中もパンパンとうるさく走るのも一苦労とのことでした。

症状からキャブレターが一番怪しく、重点的に点検することをお伝えして持ち帰ります。

グラストラッカーキャブOH

店にバイクを持って帰るとキャブからガソリンがオーバーフローしています。ほぼ間違いなくキャブが原因でしょう。

グラストラッカーキャブOH

早速キャブの点検を行います。ここでキャブが不調になった最大の原因を発見!

グラストラッカーキャブOH

エアーフィルターが劣化してぼろぼろになっています。

グラストラッカーキャブOH グラストラッカーキャブOH

クリーナーボックス内部もぼろぼろになったフィルターが大量に吸い込まれており、大きなゴミはボックスの網で止まっていますが微細なゴミが大量にキャブに吸い込まれキャブ内の通路を塞いだことが原因と考えられます。お客様もエアクリーナーを交換したことがないようでした。

ここまでの状態であればキャブクリーナー等のケミカルでは除去できないので分解OHが必要になります。

グラストラッカーキャブOH グラストラッカーキャブOH

クリーナーボックスを取り外しキャブも外します。

グラストラッカーキャブOH グラストラッカーキャブOH グラストラッカーキャブOH

キャブを分解していきます。フロート室には予想通りゴミやサビがしっかりと溜まっていました。

そのためフロートバルブにゴミが付着してオーバーフローしていたようです。

グラストラッカーキャブOH グラストラッカーキャブOH グラストラッカーキャブOH グラストラッカーキャブOH

各部清掃を行いボックス内もきれいに清掃を行いました。新しいフィルターやキャブを取り付け油面や各スクリューの調整を行います。

しかし、オーバーフローだけは微妙に収まりません…フロートバルブ段付きなかったんだけどなぁ~

グラストラッカーキャブOH グラストラッカーキャブOHグラストラッカーキャブOH

しょうがないのでフロートバルブをASSY交換。ついでにもう一度各部を清掃します。これですべて完了しました。

エンジンのかかりも良くなりちゃんと吹け上がるようになりました!もちろんパンパンとうるさくもありませんしオーバーフローもなし!

お客様に納車して完了です!ご依頼ありがとうございました~♪

今回は比較的わかりやすいキャブのトラブルでしたがいかがだったでしょうか?

キャブはちょっとした不具合や小さいゴミですぐに調子が悪くなるデリケートな部品です。

今回のような異物を吸い込む場合もありますが、長期間乗らない場合のキャブ内ガソリン劣化での不調が非常に多いです。

その場合はキャブクリーナーでの清掃も効果的な場合があるので、長期間乗ってなくエンジン不調の場合は試してみてください。

それでもだめならいろいろ試すよりキャブばらしたほうが早いです。諦めてばらそう(笑)

もちろんその他の原因の可能性もあるので、しっかりと原因追求に努め的確な修理を行いましょう。